家計

【フローチャートでわかる】格安SIM最適な1枚。乗り換え方法も解説。

 

格安SIMってどれがいいの?

自分にとって最適な1枚がしりたい

具体的な乗り換え方法がしりたい

 

こんな疑問や悩みにこたえます。

 

この記事を読んでわかること
  1. フローチャートを利用することで格安SIMで最適な1枚がわかる
  2. 具体的な携帯会社乗り換え手順がわかる

 

 

この記事の筆者について

この記事の筆者は「マネーライフプランナー」と「投資診断士」の資格をもっています。人生100年時代を賢く生き抜くための知識をはじめ、投資や資産運用について幅広い知識をもっています。 また、過去にau⇒ソフトバンク⇒旧楽天モバイル⇒楽天UN-LIMITに乗り換えの経験があります。

 

いまの時代に携帯料金で月3000円以上は払い過ぎと言えます。

 

だれでもネットで簡単に格安SIMの申し込みができ、それほど手間をかけることなく乗り換えすることができます。

 

格安SIMに乗り換え月に2000円の節約ができれば1年で2.4万円の節約になります。これが一生続くと思うとかなり大きい金額ですよね。

 

この記事ではフローチャートを活用した格安SIMの最適な1枚の紹介と、具体的な乗り換え方法を解説しています。この機会に格安SIMへ乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

 

あなたに最適な格安SIMはこれ!

 

さっそくですが、最適な格安SIMを選ぶためのフローチャートを作成しましたので紹介します!!

 

 

このフローチャートを使うことで、1分であなたにとって最適な格安SIMがわかります。どのプランを選んでいただいても現在における最安・最適なプランになっています。

 

  • 家族で乗り換えを考えている⇒y.u.モバイルorワイモバイル
  • 毎月のデータ使用量が1GB以下⇒楽天モバイル
  • 毎月のデータ使用量が20GB以上⇒楽天モバイルorマイネオ
  • YouTubeなどのエンタメをよく利用する⇒BIGLOBEモバイル
  • 価格を重視したい⇒IIJmio
  • 20GB&5分通話無料が欲しい⇒ahamo
  • 店舗でサポートしてほしい⇒UQモバイル

 

※この記事ではドコモ、au、ソフトバンクが出しているプランも統一して”格安SIM”と表現します。

それぞれの格安SIMの特徴

携帯電話, アプリ, マーケティング, 概念, 心臓, お金, 本, ノート, ペン, Ai, 手

 

それぞれの格安SIMについて特徴を解説していきます。

 

さきほどのフローチャートで当てはまったプランに飛んでいただけると最短で最適なプランの特徴がわかります。フローチャートの数字順①~⑧で解説していきます。

 

①ワイモバイル

 

👍一押しポイント
  • 2回線目以降に家族割引がある
  • 親子割引きがある
  • ソフトバンクのサブブランドで通信速度が速い

 

家族割引、親子割引きがあるので家族で乗り換えを検討しているひとにおススメです!

 

割引についての詳細
  • 2回線目以降の家族割引について
    • 割引価格1188円/月 永年
    • 別居でもOK
    • 9回線までOK
  • 親子割引について
    • 割引価格1100円/月
    • 契約から12か月間
    • 2022年5月31日までに契約する
    • シングルM/Lのプランに限る

 

ワイモバイルの料金プラン

 シンプルSシンプルMシンプルL
毎月のGB3GB15GB25GB
基本料金2178円3278円4158円
家族割引後990円2090円2970円
親子割引後990円
(12か月間)
1870円
(12か月間)
(2022年1月現在)

 

たとえば4人家族でシンプルMプランを組んだとき、最初の12か月間は家族全員で月々7348円 。それぞれ15GBの大容量を月々1万円を切る価格でもつことができます

 

その他、ワイモバイルのお得ポイント
  • データの繰り越しが可能
  • 通信速度が速い
  • Yahoo!プレミアムが無料
  • Yahoo!ショッピングでのお買い物で2%還元
  • 店舗あり

 

家族での乗り換えを検討しており、Yahoo!ショッピングを利用しているかたや、通信速度にこだわりたいかた、店舗でサポートを受けたい方には最適の格安SIMといえます!

 

👇ワイモバイル 公式HP👇

Y!mobileに乗り換えで現金キャッシュバック【Yステーション】

 

②y.uモバイル

 

👍一押しポイント
  • U-NEXTの月額プラン込みで2970円~の低価格
  • 毎月1200円分のU-NEXTポイントがもらえる
  • 100GBまで永久繰り越しが可能

 

いままでサブスクでU-NEXTのようなサービスを契約していた人にオススメできる格安SIMです。

 

y.uモバイルの料金プラン

 シングルU-NEXTシェアU-NEXT
毎月のGB10GB20GB
基本料金2970円4170円
U-NEXT
月額プラン
込み込み
GB永久繰り越し
U-NEXTポイント
1200円分/月
データチャージ1GB 330円
10GB 1200円
1GB 330円
10GB 1200円
(2022年1月現在)

 

毎月もらえるU-NEXTポイントをデータチャージに使えば、シェアプランで30GB(U-NEXT月額プラン付き)を4170円/月で利用可能です4人家族であれば1人当たり約1050円になります

 

家族でのデータシェアを考えており、U-NEXTのような動画配信サービスを毎月利用しているひとに最適の格安SIMといえます。

 

👇y.uモバイル 公式HP👇

y.uモバイル公式HP

 

③楽天モバイル

 

👍一押しポイント
  • 月々1GBまで0円で契約可能
  • 利用GB数の段階に応じた料金設定
  • 楽天リンク利用で通話料金0円

 

利用GB数の段階に応じた料金設定が魅力。1GBまでは0円で契約できるので2枚目のSIMとして利用することもできる。

 

楽天モバイルの料金設定

UN-LIMIT Ⅵ0GB1~3GB3~20GB20GB以上
料金0円1078円2178円3278円
通話料金
楽天リンク利用
無料無料無料無料
(2022年1月現在)

 

月々の利用GBに応じた料金設定が魅力的で、1GBまでは0円、20GB以上はどれだけ使っても3278円というのは他にはない楽天だけの特徴です

 

楽天リンクを利用すれば、通話時間に制限なく固定電話や携帯電話が相手でも通話料金が無料です

 

楽天回線エリア外では毎月5GBまで(auのパートナー回線)無料で使えます。

 

その他、楽天モバイルのお得ポイント
  • 乗り換え後3か月間は利用料金無料
  • 乗り換えると大量のポイントがもらえる
  • 楽天市場でのお買い物でポイント還元+1%
  • 店舗あり

 

生活圏が楽天回線エリア内で、格安でSIMを持ちたいもしくは20GB以上の大容量を毎月制限なく使いたいかたに最適の格安SIMだといえます。また、楽天市場でお買い物をされるかたであれば、楽天モバイルを契約することでポイント還元率が+1%となるのも魅力的です。

 

👇楽天モバイル 公式HP👇

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

 

④マイネオ

 

👍一押しポイント
  • 月額385円で利用できる”パケット放題Plus”がお得
  • 1GB880円~ 選べるプランが魅力

 

マイネオの料金プラン

 1GB5GB10GB20GB
データSIM880円1265円1705円1925円
音声&データSIM1298円1518円1958円2178円
パケット放題Plus+385円+385円無料無料
(2022年1月現在)

 

1~20GBまでで自分の使うGB数に応じてプランを組めるのは魅力的です。

 

通常プランにプラスして月額385円支払うことでGBが使い放題になる「パケット放題Plus」が超魅力的です!1GBのデータSIMを契約しパケット放題Plusに加入すれば、月額1265円でGB使い放題になります

パケット放題Plusの注意点

 

  • 速度は最大1.5Mpbs
  • 3日間で10GBまでの制限はあり

 

👇最大速度1.5Mpbsとはどれくらいなのか👇

マイネオのアンケート結果より

(引用:mineoホームページより)

 

90%以上の人がYouTubeなどの動画も利用できたと回答していることから、それほどストレスがかかる速度制限ではなさそうですね。3大キャリアほどスピードは求めないよってかたにとっては最適の格安SIMと言えると思います。

 

👇マイネオ公式HP👇

マイネオ公式HP

 

⑤BIGLOBEモバイル

 

👍一押しポイント
  • 月額308円で利用できる”エンタメフリーオプション”がお得
  • 全プラン初月無料

 

エンタメフリー・オプションの詳細

月額308円でYouTube、U-NEXT、AppleMusic、AmazonMusic、楽天マガジンなど全21種類のサービスでのデータ利用数が無制限になるオプションサービス。

 

YouTubeやU-NEXTなどで動画をよく見る人や、AmazonMusicなどで音楽をよく聞く習慣のあるひとには超お得なオプションプランと言えます。

 

BIGLOBEモバイルの料金プラン

 プランSプランRプランM
毎月のGB1GB3GB6GB
基本料金1078円1320円1870円
最初の12か月550円770円1320円
(2022年1月現在)

 

その他、BIGLOBEモバイルのお得ポイント
  • エンタメフリー・オプションは6か月間無料
  • 新規申し込み・乗り換えで5000円分のクーポンがもらえる
  • 12か月間、月額約500円の割引
  • データ繰り越し可能
  • データ速度で高評価
  • 2回線目以降200円の家族割あり

 

新規申し込み・乗り換えで5000円分のクーポン、12か月間料金の割引、初月の料金無料、エンタメフリー・オプションが6か月間無料と新規乗り換えには嬉しい特典ばかりですね。YouTubeなどエンタメ系をよく利用される方には最適の格安SIMとなっています。

ちなみに読み方は”ビッグローブモバイル”です。

 

👇BIGLOBEモバイル 公式HP👇

BIGLOBEモバイル公式HP

 

 

⑥IIJmio

 

👍一押しポイント
  • とにかく安い!!
  • 選べるGB数が豊富

 

IIJmioの料金プラン

 2GB4GB8GB15GB20GB
データSIM748円968円1408円1738円1958円
音声&データSIM858円1078円1518円1848円2068円
(2022年1月現在)

 

GB数が2.4.8.15.20GBと豊富にえらべ、料金もかなり安いのが魅力です。

 

その他、IIJmioのお得ポイント
  • データ繰り越し可能
  • 同一ID内でGBのシェア、プレゼントが可能
  • 通話し放題プランも豊富
  • eSIMも選べる

 

とにかく安くしたいという方におススメ。音声&データSIM20GBで2068円はかなり魅力的な料金です。

ちなみに読み方は”アイアイジェイミオ”です。

 

👇IIJmio 公式HP👇

 

⑦ahamo

 

👍一押しポイント
  • 20GB、5分通話無料で2980円ワンプラン!

ahamoは小細工なしの20GB、5分通話無料で2980円のワンプランのみ!

 

ahamoの料金プラン

 ahamo
毎月のGB20GB
基本料金2980円
通話5分かけ放題
(2022年1月現在)

 

 

その他、ahamoのお得ポイント
  • ドコモの格安プランで高品質
  • 3大キャリアのプランのなかでも圧倒的人気
  • 追加料金不要で82の国と地域で使える

 

3大キャリアがやっぱり安心というかたにとっては20GB、5分通話し放題で2980円という価格は魅力的。最適の格安SIMといえます。

ちなみに読み方は”アハモ”です。

 

👇ahamo 公式HP👇

⑧UQモバイル

 

👍一押しポイント
  • auのサブブランドで高品質
  • 節約モードでGB消費をおさえられる

 

なにより大手キャリアのauサブブランドということで高品質であり、店舗でサポートも受けられるので安心感が違います。

 

UQモバイルの料金プラン

 くりこしプランSくりこしプランMくりこしプランL
音声&データSIM1628円2728円3828円
毎月の3GB15GB25GB
(2022年1月現在)

 

その他、UQモバイルのお得ポイント
  • 13か月間無料でデータ増量
  • au4G、LTEは人口カバー率99.9超
  • あまったGBは翌月に繰り越せる
  • 全国のauショップ、UQモバイルショップでサービスが受けられる

 

やっぱり格安SIMでも大手キャリアがいいというひとで、店舗でサービスを受けたいというひとに最適です。お客様満足度が常に高いのも特徴です。

 

👇UQモバイル 公式HP👇

UQモバイル公式HP

 

乗り換えのさいの3ステップ

 

具体的な乗り換え3ステップ
  1. 解約・MNP番号の予約
  2. 新しい契約先へ申し込み
  3. SIMが郵送される、もしくは店舗で手続き

 

解約・MNP番号の予約、新しい契約先へ申し込みをネットで済ますことができれば30分もかからずできてしまいます。SIMが郵送されてきてから初期設定が完了するまで30分ほどですので、1時間くらいで月々数千円の節約ができてしまうのでコスパ最強ですね

 

さっそく画像を利用しながら具体的な乗り換え方法を解説していきます。

 

①解約・MNP番号の予約

 

まずは現在契約している携帯会社に解約の申し出をし、MNP番号を予約しましょう。

スマホ1つあればネットでサクっと完了します。

 

 

👇具体的な手順👇

 

契約している携帯会社のスマホアプリもしくは公式HPを開く

契約プランから他社への乗り換えページへいく

MNP番号予約へすすむ

簡単なアンケートに答える

MNP予約番号を発行する

 

どこの携帯会社でも基本的な流れは一緒です。

 

※ぼくが楽天モバイルユーザーですので今回は楽天モバイルを例にして解説していきます。

 

 

 

 

 

なにも難しいことはなく、15分ほどでサクっと完了しちゃいます。

 

②新しい契約先へ申し込み

 

MNP予約番号を発行できたら、新しい携帯会社へ契約の申し込みをします。

 

👇具体的な方法👇

 

新しく契約する携帯会社の公式HPを開く

プランを選択し申し込む

他社からの乗り換えを選択し、MNP番号等を入力する

入力内容に間違いなければ契約完了

 

※今回も楽天モバイルを例にしていきます。

 

 

 

 

最後に入力内容を確認して間違いがなければ契約完了です。

 

SIMカードが発送されるまでおおむね1週間程度かかります。

 

今回は楽天モバイルを例にしましたが、どこの携帯会社でも基本的な流れは一緒です。

 

 

こちらもなにも難しいことはなく、15分ほどでサクっと完了しちゃいますね。新しい格安SIMをどこにしようか決めかねている人は、最初にもどってフローチャートから最適な1枚を選んでみてください。

 

③SIMが郵送される、もしくは店舗で手続き

 

新しく契約できたらSIMカードが自宅に届きます。

 

店舗で契約された方は店舗にて手続きすることも可能です。

 

SIMカードと同時にかならず説明書が送られてきます(画像は楽天モバイルのSTART GUIDE)。この説明書に従って、回線の開通と初期設定をおこなっていきます。

 

楽天モバイルの初期設定の例
  1. 最新のiOSにアップデートする
  2. MNS転入の手続き
  3. APNプロファイルの削除
  4. SIMカードの差し替え
  5. キャリア設定のアップデート
  6. 楽天回線の開通確認

※iPhoneの場合

 

文字だけだとややこしく感じられるかもしれませんが、説明書を読みながらやれば誰でも簡単に設定できます。SIMカードと一緒に説明書はかならずついてきますが、気になる方は携帯会社のHPにものっていますので見てみるといいと思います。

 

解約・MNP番号の取得からSIMカードが届き初期設定までネットで1時間もあれば完結してしまいます(SIMカードが届くまでの日数はふくめない)。1時間ほどで年間数万円の節約になるならやらない手はありませんね

 

まとめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-4-2-444x1024.jpg

 

このフローチャートを活用すれば、だれでも簡単に格安SIMの最適な1枚がわかります。

ネットで調べてもどの格安SIMがいいかわからない、決まらないというかたは是非、活用してみてください。

 

新しい携帯会社が決まったらつぎは乗り換えです。

 

具体的な乗り換え3ステップ
  1. 解約・MNP番号の予約
  2. 新しい契約先へ申し込み
  3. SIMが郵送される、もしくは店舗で手続き

 

現在契約している携帯会社で解約・MNP番号の予約をしましょう。

その後、新しい契約先へ申し込みをし、SIMカードが郵送されるのを待ちます。

SIMカードが郵送されたら、付属の説明書にしたがい回線の開通と初期設定をおこないます。

 

SIMカードが郵送される期間をのぞけば、解約・MNP番号の予約、回線の開通と初期設定までネットで1時間ほどで完結してしまいます。

 

格安SIMへの乗り換えはコスパ最強の節約だと思っています。まず何を節約すればいいか聞かれたら必ず格安SIMへの乗り換えをすすめます。1時間ほどの作業で年間数万円の節約になることは他にはありません

この機会にフローチャートを活用して、格安SIMへの乗り換えを検討してみてください。