レビュー

通称「お金のお守り本」を読んでみた感想。【この本の強みと学べること】

いま話題の通称”お金のお守り本”こと『貯金すらまともにできていませんがこの先ずっとお金に困らない方法を教えてください』を読んでました。

この本は、これからお金について学んでいきたい老後への不安を漠然といだいているつみたてNISAやiDeCoなど聞いたことはあるけどよくわからない。そんな、お金について今まで考えてこなかった人、学んでこなかった人、これからしっかり考えていきたい人にとっての入門書として最適だと思います。

マンガのため、だれでもとっつきやすく、読みやすい。また、貯金すらまともにできておらずめんどくさがり屋で投資に関して恐怖心をもっている主人公にたいして一つ一つ丁寧に説明し悩みを解決していくという流れは、お金に関してこれからしっかり学んでいきたい人にはめちゃめちゃ読みやすい内容になっています。

✔この記事を読むことでわかること

  • この本を読むことでわかること
  • この本ならではの強み
  • 実際に読んでみた感想

この記事の筆者について

JADP認定「マネーライフプランナー」の資格を有し貯蓄術や投資術、賢い節約術など幅広いお金に関する知識を持っています。

いままでお金に関する本を累計30冊以上読破。

お金のお守り本にも書かれているつみたてNISAやiDeCoで資産運用し含み益をだしています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-8-1.jpg

✔お金のお守り本の概要

著者:税理士 大河内薫&漫画家 若林杏樹

目次

第1章 「貯金」じゃお金は守れない?

第2章 「税金と保険」でお金を守る!

第3章 「投資」でお金を守る!

第4章 投資信託 理解編

第5章 つみたてNISA 実践編

第6章 iDeCo 実践編

第7章 「日常に潜む罠」からお金を守る!

この本を読むことでわかること

✔この本をよんでわかること

  • 貯金だけではお金が減ってしまうという現実
  • 正しい投資はリスクを限りなく減らすことができる
  • 日本の社会保険のすごさ
  • 老後2000万円問題の真実と対策
  • ふるさと納税やつみたてNISA、iDeCoの概要

貯金ではお金が減るよ!」という衝撃的な書き出しからはじまります。これはインフレ(物価の上昇によりお金の価値が下がってしまう)による影響で、銀行に預けていてもまったく利息がつかないからインフレによってお金の価値が目減りしてしまうよということです。本書ではハーゲンダッツを例に今だと600円で2つ買えるけど、30年後は1つしか買えなくなるかもと具体例で書かれています

投資は怖い」「ギャンブルだ」という意見はよく聞きます。本書の主人公も同じ意見をもっており、この主人公にたいして、投資は正しい手法をとることでリスクを限りなく減らすことができると説明しています。具体的には、ドルコスト平均法やインデックスファンドの長期投資です。「???」なんのこと?と思っても大丈夫、初心者の方が読んでも理解できるまで掘り下げて説明してくれます

また、年金も投資で運用していると説明されています。国が大事な年金を貯蓄ではなく投資で運用しているという事実も「国がやっているなら安心かも」と初心者にとっては好材料ですね

日本の社会保険は世界でも最強の社会保険です。本書では医療保険、年金保険について詳しく解説されています。なかでも遺族年金や障害年金については表や具体例を明記してくれているので、自分自身におきかえてどれだけの保障があるのかめちゃめちゃ勉強になります。社会保険を学ぶことで、民間の保険はそれほど必要ない、いままで払いすぎていた民間保険を解約することで浮いたお金を投資しようという切り口は初心者にとっても取り組みやすと思います。

老後2000万円問題について、そもそもどうやって計算されているの?みんな2000万円たりないの?どうやって対策していかないといけないかが詳しく解説されています。老後について漠然と不安をいだいているひと多いと思います。本書を読むことでどう対策していかなければいけないかの道筋がわかるようになります。

ふるさと納税、つみたてNISA、iDeCoについて聞いたことはあるけど特徴ややり方がわからないってひと多いと思います。この本ではそれぞれの制度の概要について初心者でもわかりやすいよう詳しく解説されています。なかでもiDeCoについては、専業主婦や会社員、公務員と具体的にどう制度を活用していけばいいかや注意点がまとめられているので自分自身へしっかり落としこめて理解できるようになっています

この本ならではの強み

✔この本ならではの強み

  1. マンガで読みやすい
  2. 初心者向けで1から丁寧に解説されている
  3. プレゼントしても喜ばれる
  4. お金の説明ではなく、悩みを解決してくれる
  5. 人生100年時代の備えを明記してくれている

この本の特徴はなんといってもマンガであること。お金の本と聞くと文字や漢字が多くて読みにくいわかりにくいとイメージされる方も多いかと思いますが、この本はそんなこと一切ありません。

コンセプトが、”貯金すらまともにできてらずお金に関して全く無知な主人公の悩みや疑問を解決していく”というものですので、読者がお金に関して学びたい入門書としてはもってこいです。どの内容も1から丁寧に解説してくれています。

筆者の大河内薫先生が「老若男女が笑って学べるギャグマンガ」とおっしゃっているように、世代を問わず読みやすく学びある内容になっています。自分の身の回りの人へのプレゼントとしてもとても喜ばれる一冊になっていると思います。

これまで30冊以上のお金に関する本を読んできましたが、”お金や制度に関する説明をする本”はたくさんありましたが、お金の悩みを解決する本”はほとんどありませんでした

お金に関する悩みや、iDeCo、つみたてNISAって何?どうやって活用していけばいいの?人生100年時代ってどうやって備えて行けばいいの?こんな疑問や悩みをお持ちの方には是非、読んで欲しい内容になっています。

実際に読んでみた感想

✔おもしろいと感じたところ

  • 貯金ではお金が減るという切り口
  • ふるさと納税の寄付金額から年収がわかる!?
  • あんじゅ先生のゆるい絵が内容とマッチ!

「貯金ではお金が減るってどういうこと!?」そう思ったあなたは必見です。お金は貯金だけでは減っていくという衝撃的事実からこの本の内容は始まります。だから投資でお金を守る必要性があるとこの本では解説されていますが、納得の内容になっています。

また。雑学的に語られているのが「ふるさと納税の寄付金額を合コンで聞けばそのひとの年収がわかる」というもので、早見表と一緒に寄付金額から推定される年収が書かれています。ちょっとした雑学やコラムが要所に書かれており、学びも多くおもしろいところです。

あんじゅ先生のゆるい絵が主人公のズボラな性格やお金に関して何も知らない感じとめちゃめちゃマッチしていおりおもしろいです。そのひとを相手に丁寧に解説していく大河内薫先生を応援したくなります。

✔こんな人には不向き

  • お金に関してある程度の知識がある
  • iDeCoやつみたてNISAについて理解している

この本はお金を学ぶ入門書として書かれているため、ある程度のお金に関する知識がある方には学びが少ないかもしれません。また、iDeCoやつみたてNISAについてもほんとうに1から丁寧に解説されているため、実際に利用している人や内容を理解している人には学ぶ点はほとんどありません。

ですのでそういう方は周りの方へのプレゼントとしてこの本を活用してみるといいと思います。

まとめ

✔この本を読んでわかること

  • 貯金だけではお金が減ってしまうという事実
  • 正しい投資はリスクを限りなく減らすことができる
  • 日本の社会保険のすごさ
  • 老後2000万円問題の真実と対策
  • ふるさと納税やつみたてNISA、iDeCoの概要

✔この本ならではの強み

  1. マンガで読みやすい
  2. 初心者向けで1から丁寧に解説されている
  3. プレゼントしても喜ばれる
  4. お金の説明ではなく、悩みを解決してくれる
  5. 人生100年時代の備えを明記してくれている

✔おもしろいと感じたとところ

  • 貯金ではお金が減るという切り口
  • ふるさと納税の寄付金額から年収がわかる!?
  • あんじゅ先生のゆるい絵が内容とマッチ!

✔こんな人には不向き

  • お金に関してある程度の知識がある
  • iDeCoやつみたてNISAについて理解している

マンガで読みやすいのがこの本の最大の特徴です。お金について学びたい、人生100年時代へどう備えていくべきか知りたい、そんな方にはもってこいの本です。また、お金に関してある程度の知識がある方はプレゼントしてみるのはいかかでしょうか。